アイキャッチ_N-BOXバッテリー交換
この記事が解決できる疑問

N-BOXに乗っているけどそろそろバッテリー交換が必要だなあ

間違わないで適合するバッテリーサイズを選べるかなあ?

できればお得にバッテリー交換したいなあ

わたしは自分の車で3万円以上お得にバッテリー交換ができました。

わたしが乗っているのはN-BOXではないですが、N-BOXでもかなりの効果が期待できます。

この記事では以下の内容をご紹介・解説します。

  • N-BOXに適合するバッテリーサイズの選び方
  • 適合するバッテリーの中でのオススメ紹介
  • N-BOXのバッテリー費用調査結果と安く交換する方法
  • N-BOXのバッテリー交換方法

N-BOXに適合したバッテリーをおトクに交換していきましょう!

N-BOXのバッテリー適合サイズ

N-BOXの車両型式と年式の確認

正確にバッテリーを選定するために自分の車の型式を確認しておきましょう。

車検証の型式と年式を確認します。
車検証のこの部分に記載されています。

車検証の年式と型式の記載場所

次に以下の適合バッテリー表を見てオススメ適合バッテリーの型式・サイズを確認してください。

1代目(JF1/JF2) N-BOXの車両型式とバッテリーサイズ表

車名型式オススメ
適合バッテリー
新車搭載
バッテリー
年式仕様
N-BOXDBA-JF1M-65RM-42R2011/12 ~FF,アイドリングストップ
DBA-JF24WD,アイドリングストップ
DBA-JF160B19L34B17L2012/12 ~FF, ターボ
DBA-JF24WD, ターボ
N-BOX+DBA-JF1M-65RM-42R2012/07 ~FF,アイドリングストップ
DBA-JF24WD,アイドリングストップ
DBA-JF160B19L34B17LFF, ターボ
DBA-JF24WD, ターボ
N-BOX
カスタム
DBA-JF1M-65RM-42R2011/12 ~FF, アイドリングストップ
DBA-JF24WD,アイドリングストップ
DBA-JF160B19L38B19LFF, ターボ
DBA-JF24WD, ターボ
N-BOX+
カスタム
DBA-JF1M-65RM-42R2012/07 ~FF,アイドリングストップ
DBA-JF24WD,アイドリングストップ
DBA-JF160B19L38B19LFF, ターボ
DBA-JF24WD, ターボ
N-BOX /
(スラッシュ)
DBA-JF1M-65RM-42R2014/12 ~FF,アイドリングストップ
DBA-JF24WD,アイドリングストップ

自分のN-BOX型式に合った以下の「オススメ適合バッテリー」を選んでいただければOKです。

さっそく以下のリンクからチェックしてみてください。

M-65Rバッテリー(M-42R互換)
60B19Lバッテリー(34B17L, 38B19L互換)

これらのバッテリーをおすすめする理由はこのあと説明していきますので、気になる方は読み進めてくださいね。

2代目(JF3/JF4) N-BOXの車両型式とバッテリーサイズ表

車名型式オススメ
適合バッテリー
新車搭載
バッテリー
年式仕様
N-BOXDBA-JF3M-65RM-42R2017/08 ~FF,アイドリングストップ
DBA-JF44WD,アイドリングストップ
N-BOX
(MC)
6BA-JF3M-65RM-42R2019/10 ~FF, アイドリングストップ
6BA-JF44WD,アイドリングストップ
N-BOX
カスタム
DBA-JF3M-65RM-42R2017/08 ~FF,アイドリングストップ
DBA-JF44WD,アイドリングストップ
N-BOX
カスタム(MC)
6BA-JF3M-65RM-42R2019/10 ~FF,アイドリングストップ
6BA-JF44WD,アイドリングストップ

自分の車に合った以下の「オススメ適合バッテリー」を選んでいただければOKです。

さっそく以下のリンクからチェックしてみてください。

M-65Rバッテリー(M-42R互換)

こちらのバッテリーをおすすめする理由はこのあと説明していきますので、気になる方は読み進めてくださいね。

N-BOX適合バッテリーのおすすめ

N-BOXに適合するバッテリーの「おすすめ製品」「おすすめする理由」をご紹介します。

1代目, 2代目N-BOX(アイドリングストップ車)に適合するおすすめバッテリー「M-65R」

アイドリングストップ機能付きN-BOXのバッテリーでおすすめする「M-65R」はコチラです。

なぜこの「パナソニックのカオス M-65Rバッテリー」をオススメするかというと、

カオスバッテリーは性能ランクの数値が「65」と非常に高く、他社に比べて圧倒的に大容量だからです。

以下は国内4社のN-BOX搭載M-42Rに適合するバッテリーの容量比較結果です。

M-42バッテリーの5時間率容量比較
同じ形状寸法のサイズであるにもかかわらず、5時間率容量が36[Ah]と他のバッテリーを圧倒しています。

軽自動車といえどN-BOXは様々な機能がついたクルマなので、バッテリーは高性能、高容量のバッテリーを選ぶべきです。

以下のリンクからPanasonicカオスバッテリー「M-65R」をチェックしてみてください。

1代目N-BOX(アイドリングストップなし、ターボ車)適合バッテリーのおすすめ「60B19L」

1代目N-BOXのアイドリングストップなしターボ車でおすすめする「60B19L」はコチラです。

上記のパナソニックカオスバッテリー「60B19L」をおすすめする理由は

  • 独自の正極格子による耐久性
  • 大容量
  • みんカラパーツオブザイヤー殿堂入り

の3つです。

詳しくは以下の記事をご参考ください。
>>Panasonic カオスバッテリーをおすすめする3つの理由

また、性能ランクの数値が新車搭載純正品に比べて非常に高く、互換バッテリーとしてとても優秀です。

コスト面でもネットで入手できる分、ディーラーなどで交換する純正品に比べて5,000円~10,000円はお手頃です。

以下のリンクから詳細情報をチェックしてみて下さい。

N-BOXのバッテリーを安く交換する方法

結論から言うと「インターネット通販でバッテリーを購入して自分で交換する」です。

「なんだたいした話じゃないじゃないか」と思うかもしれませんがこの効果についてきちんと知っている人は少ないと思います。

わたしの体験談でお話します。

バッテリー交換費用をおさえられた体験談

購入から5年目の車検のときのことです。

ディーラーで車検見積もりしたところ、バッテリー交換費用55,000円の文字が!

ディーラー側は「テスターでもう要交換が出てますよ」と言いましたが、

わたしはテスターの精度が悪いことを知っていましたし、

バッテリーはネット購入がお得だと知っていたので、

ディーラーでの交換を断固拒否して「交換は要りません」と言いました。

家に帰って同じ型、同じメーカーのものを探してみたところ値段は「22,000円」で、他のメーカーでは「17,000~18,000円」程度でした。

55,000円 - 2,2000円 = 33,000円

差額30,000円以上ですよ!30,000円以上!

結局、車検では交換せず、後日寿命になりそうな頃(この車検から1年以上もちました)を見計らってネット通販で適合サイズのバッテリーを購入して交換しました。

正直めちゃくちゃ得した気分でしたね!

このとおりネット通販でバッテリー購入して自分で交換すると費用が断然安くなるのでオススメです!

N-BOXのバッテリー費用

ディーラーや整備工場での交換費用相場はバッテリー代金と工賃込みで15,000~30,000円になるでしょう。

ネット購入して、自分で交換するのであれば交換費用の相場はコチラになります。

N-BOXのバッテリー費用相場比較
型式国内製造
(GSユアサ, Panasonic,
古河電池, 昭和電工マテリアルズ)
韓国製造
(ATLAS, G&Yu, ACDelco等)
M-○○R※17,000~9,000円5,500~7,500円
〇〇B19L※13,500~5,000円3,500~5,000円

※2021年7月調べ
※1 〇〇は性能ランクなのでどんな数字が入っても基本的に使用可能です。

国内製造と韓国製造という切り口で調査しました。

M-○○R(M-42R、M-65Rなど)は国産のほうが高い傾向ですが、それほど価格差はありません。

〇〇B19L(40B19L、60B19Lなど)は国産、韓国産の差はほぼなく、性能ランクが高いほど値段は上がる傾向です。国産でも安いバッテリーが見つかります。

この結果の結論としてN-BOXの交換用として購入するなら国産バッテリー1択です。

価格差なく、国内工場生産の信頼性・品質を得られるのは見逃せません。

前述したとおりオススメは以下のPanasonicカオスバッテリーです。

N-BOX適合バッテリーのおすすめ

B19Lに関しては、コストと国内製造を重視したいのであれば古河電池のAlticaという選択肢もあると思います。気になる方はチェックしてみてください。

N-BOXのバッテリー交換方法

インターネットでバッテリー購入したあとの交換方法ですが、今の時代Youtubeなどの動画サイトで実際の作業を見て参考にするのが一番わかりやすいです。

というわけでN-BOXのバッテリー交換作業を公開している動画を紹介します。

自分で交換が不安なら持ち込み交換も検討

「自分で交換するのがおトクなのはわかるけど自分でやるのはめんどくさいし、ちょっとこわいなぁ」と思う方もいますよね。

バッテリー交換って何度かやっていても少しドキドキしますのでその気持ちわかります。

そんなときに便利な方法があります。

自分で購入したバッテリーを持ち込み交換してもらう方法です。

Amazonのバッテリー持ち込み交換チケットを使用する

Amazonには最寄りの整備工場にバッテリーを持ち込むと交換してくれるサービスがあります。

カンタンな使い方をご紹介します。

持ち込み交換チケットの使い方
  1. チケット購入後に届くメールに返信する
  2. 取付け店、日時などの連絡メールが届く
  3. 予約日時に取付け店に行きチケットを見せて交換

費用はバッテリー処分込みで2,000~3,000円程度(時期によって変動)で手頃です。

以下のリンクから詳細を確認してみてください。
>>【全国対応】バッテリー交換国産車限定(ボンネット内1個・バッテリー処分込)

JAFを利用して持ち込み交換する

JAFは事前購入品の持ち込み交換が可能です。

詳細は以下の記事で解説していますのでご参考ください。
>> JAFは持ち込みバッテリーの交換無料!?【5ステップ手順解説】

N-BOXのバッテリー交換まとめ

最後にこの記事でご紹介した内容をまとめます。

N-BOXのバッテリー適合サイズとお得な交換方法
  1. 1代目・2代目N-BOXのアイドリングストップ車は「M-65R」のカオスがおすすめ
  2. 1代目アイドリングストップなしは「60B19L」のカオスがおすすめ
  3. インターネット通販でバッテリーを購入して自分で交換するとおトク

3~4年で交換となる消耗品のバッテリー。

交換費用が数万円も安くなれば家計にうれしいですよね。

ぜひ自力でのバッテリー交換にチャレンジしてみてください。

繰り返しにはなりますが、以下がN-BOX適合バッテリーのおすすめです。
交換を検討中の方は詳細を確認してみてください。

M-65Rバッテリー(M-42R互換)
60B19Lバッテリー(34B17L, 38B19L互換)
カオスバッテリーをおすすめする3つの理由
アイキャッチ_カオスバッテリーおすすめ理由3つ

ユーザー人気No.1のカオスバッテリー!
そのスゴさの理由をお教えします!

おすすめの記事