アイキャッチ_55D23L_80D23L_100D23Lの違い解説

「純正で55D23Lってバッテリーが載っているけど次はどのバッテリーにしたらいいかな?」

「交換用は80D23Lか100D23Lが良さそうなんだけど、どっちがいいんだろう?なにが違うんだろう?」

「大きい数字のバッテリーを取りつけて車の負担にならないのかな?デメリットはないかな?」

バッテリーは高い買い物ですから失敗しないよう、よく商品内容を理解して購入を決めたいですよね。

私はバッテリー開発関連7年の経験があるので、バッテリー型式についても熟知しています。

この記事では55D23L・80D23L・100D23Lの違いを解説します。55D23Lなどの新車純正バッテリーを大きい数字の100D23Lに交換してよいか判断することができます。

結論として、純正が55D23Lなら「55」よりも大きい数字の「80D23L」や「100D23L」バッテリーに交換して問題ありません。

「55」「80」「100」などの先頭の数字は性能ランクを表し、形状寸法とは関係ないからです。D23Lの部分は共通なので3つのバッテリーの形状はまったく同じです。

性能ランクは高いモノを選ぶと安心感が増します。

交換用のオススメはPanasonicカオスバッテリーの100D23Lです。

さっそくチェックする方は以下からどうぞ。もっと詳しく違いを知りたい方は記事を読み進めてください。

バッテリーの55D23L・80D23L・100D23Lの違いは?

型式の数字と文字の意味がわかれば違いを理解することができます。

55D23Lなどのバッテリー型式はJIS規格(日本工業規格)で読み方が定められています。

型式の見方概要を以下にまとめました。

55D23L・80D23L・100D23Lの型式見方

先頭の数字「55」「80」「100」は「性能ランク」

最初の数字「55」「80」「100」は性能ランクを表します。

性能ランクはその名の通り、バッテリーの性能を数値化したものです。

当然数字が大きくなるほどバッテリーの性能はよくなります。

性能ランクはバッテリーの重要性能指標である

  • 容量
  • 低温始動性

で決まるため、性能ランクが大きくなるとこの2つの性能が向上します。

容量が大きくなれば、バッテリーを放電できる時間が長くなるため、放置してもバッテリー上がりするまでの期間を伸ばせます。

低温始動性がよくなれば、寒い季節でも力強くエンジン始動してくれ、冬場のバッテリー上がりが発生しにくくなります。

バッテリーに求められる重要な特性がよくなるため性能ランクを大きくすることは重要です。

D23はJIS規格で決められたバッテリーサイズを表す

共通している「D23」の部分はバッテリーサイズ、つまりバッテリーの形状・寸法を決める数字です。

「D」は「幅×高さ」を決める部分です。

Dの場合「173mm×204mm」と決められています。

「23」はcmをつけると長さになります。

D23Lは長さ23cmのバッテリーです。

最後の「L」はバッテリー端子の位置

最後の「L」はバッテリー端子の位置を表します。

ここには「L」か「R」が表記されます。

以下の図のようにプラス端子を前にして左側に端子があれば「L」、右側に端子があれば「R」です。

バッテリー端子のLとRの見分け方
LとRを間違えて購入すると取付けられなくなるため注意しましょう。

55D23Lでも80D23Lでも100D23LでもD23Lの部分は共通であるため形状寸法・端子位置はまったく同じです。

形状寸法・端子位置が同じなので、これらをそれぞれ載せかえることができます。

違いは「性能ランク」だけで、形状はまったく同じ

55D23L・80D23L・100D23Lの違いをまとめると、

  • 違うのは性能ランクだけ
  • 形状寸法・端子位置は同じ

となります。

100D23Lは55D23Lの互換バッテリーとなるのか

100D23Lと55D23Lはサイズが同じで、性能ランクが異なるだけなので問題なく車両に搭載することができます。

100D23Lは55D23Lの互換バッテリーとなります。

「55」ではない数字が入っているバッテリーだとしても、それよりも数字が大きい100D23Lバッテリーであれば互換可能です。

55D23Lなどからバッテリー交換を検討している方は、以下から100D23Lをチェックしてみてください。

純正のD23Lを100D23Lに交換するデメリットはあるか

デメリットはありません。

なぜなら55D23Lだろうと80D23Lだろうと100D23Lとまったく形状が同じバッテリーなので取り付けの問題は起きないからです。

性能ランクが55→100にアップするので、容量や始動性能といったバッテリーの初期性能向上が期待できます。

「大きい数字だとクルマへの負担がないかな?」と心配される方もいるかも知れませんが、クルマへの負担は全くありません。

むしろ容量が大きいと期待できる効果として

  • 充電性能向上→燃費が良くなる効果もわずかながら期待できる
  • 寿命が伸びる効果も期待できる

性能ランクを上げることは基本的にいいことづくめです。

あとは価格の問題ですが、価格面は性能ランクだけで決まるものではありません。

価格の変動要因には純粋な性能以外に

  • ブランドによる値付け方針
  • 製造国の違いによるコスト
  • 品質への価格転嫁

などが考えられます。

性能ランクを重視しつつ納得した価格のバッテリーを選びましょう。

性能ランクを重視しつつ、国内製造の品質や安心感、高すぎない価格を考慮するとPanasonicのカオスバッテリー100D23Lが人気も高くおすすめできます。

気になる方は以下のリンクからチェックしてみてください。

まとめ

55D23L・80D23L・100D23Lの違いを解説しました。

最後に要点をまとめます。

55D23L・80D23L・100D23Lの違いまとめ
  1. 「55」「80」「100」の部分は性能ランクを表す。
  2. 「D23L」の部分は共通で、形状寸法・端子位置を表す。
  3. 新車純正55D23L搭載の車両に100D23Lを載せ替えOK!
  4. 100D23Lに載せ替えるデメリットはなし!性能(容量・低温始動性)が向上!

バッテリーの型式・型番はややこしいですが、覚えてしまえばわりとシンプルで難しくはありません。

正しい知識を身につけておトクに性能のよいバッテリー選びができるといいですね。

55D23Lなどから100D23Lへの交換に興味を持った方は以下から100D23Lカオスバッテリーをチェックしてみてください。

100D23Rの場合はこちら

「R」は端子位置が逆のバッテリーです。自分のクルマの適合サイズをよく確認して購入してください。

100D23Rの場合は以下からチェックしてみてください。

カオスバッテリーをおすすめする3つの理由
アイキャッチ_カオスバッテリーおすすめ理由3つ

ユーザー人気No.1のカオスバッテリー!
そのスゴさの理由をお教えします!

おすすめの記事