B24Lの違い解説_アイキャッチ画像

カーバッテリーについてこんな疑問ありませんか?

・46B24Lとか55B24Lとか最初の数字が違うバッテリーがあるけど何が違うんだろう?
・オススメのB24Lバッテリーが知りたいなぁ?容量やCCAの性能を比較してほしいなぁ。

バッテリーの型番って、ただの文字列に見えて、よくわからないですよね。

よくわからないままバッテリー購入してしまうと型番を間違えてしまうかも知れません。
もっとおトクで性能がいいバッテリーを選べたのに失敗してしまうかも知れません。

私はバッテリー開発関連の経験が7年あり、バッテリーの型式・型番のことは当然熟知しています。バッテリーの特性や性能に関しても知識があります。

この記事ではバッテリーの「46B24L」「55B24L」「60B24L」「80B24L」の違いを解説します。
また、B24Lのオススメバッテリーをご紹介。オススメする理由として容量比較、CCA比較結果もご紹介します。

この記事を読むメリットはこちら。

  • バッテリー交換検討前に型式・型番のことを理解できる
  • バッテリー型式・型番を理解することでバッテリー購入を間違わない
  • おトクで性能がいいB24Lバッテリーがわかり、バッテリー購入で損しない

さっそく結論です。

例えば、「46B24L」「55B24L」「60B24L」「80B24L」の違いは「性能の違いだけ」です。

なぜなら最初の数字の46や55は「性能ランク」を表しているからです。性能の大小を示す数字なので、46B24Lでも55B24Lでも60B24Lでも80B24Lでも形状はまったく同じです。

同じB24Lならどのバッテリーへの交換も可能ですが、性能ランクが同等以上のものに交換するのがベターです。

B24Lの中でオススメするのはPanasonic製の80B24L カオスバッテリーです。

詳しい型番の解説やオススメする理由についてもっと知りたい方は記事を読み進めてください。

〇〇B24Lと△△B24Lの違いとは?

46B24Lや55B24Lなど最初の数字が違うバッテリーがあります。

最初の数字の違いは「性能ランク」の違いを表しており、あとの「B24L」の部分はバッテリーのサイズとプラスマイナス端子の位置を表します。

なぜこんな数字とアルファベットを使うかというと、JIS規格によって定められているからです。

以下にバッテリー型式の見方をまとめました。

55B24Lの型番説明図
55B24Lを例にして説明します。

55B24Lの「55」は性能ランクを表します。

性能ランクはバッテリーの重要指標である「容量」「低温始動性能」で決まります。
性能ランクについて詳しい説明は以下の記事をご参考ください。
>>バッテリーの「性能ランク」を徹底解説!

55B24Lの「B24」はバッテリーのサイズを表します。

「B」の部分で箱の側面のサイズが決まります。「24」はcmをつけるとバッテリーの長さになります。

最後の「L」は端子の位置を表します。

端子は上図の通りの配置が決められています。
バッテリー端子の「L」と「R」についての詳しい解説は以下の記事をご参考ください。
>>解決!バッテリーのLとRの見分け方と間違えたときの対処法!

以上のとおり、最初の数字の違いはバッテリー性能の違いを表します。

性能の大小を示す数字なので、「46B24L」「55B24L」「60B24L」「80B24L」でもサイズはまったく同じです。

「55B24L」「60B24L」「80B24L」の性能の違いの具体例

「性能ランクが違うってことはわかったけど、具体的にどれくらいの性能差があるの」って方のために具体的なバッテリーを例に出して、どの性能にどのくらい違いがあるかを説明します。

例として性能ランクが異なる3つのバッテリーを題材にしました。

例とするバッテリー3つの公表されているスペックと、性能ランクから推測される未公表の数値を表にしました。

バッテリー名性能ランク5時間率容量
[Ah]
推定RC
[分]
推定CCA
[A]
Panasonic caos blue battery
80B24L
804677650
ATLASBX Dynamic Power
60B24L
603657500
BOSCH PSバッテリー
55B24L
553657420(推定)
430(公表)

※スマホは表を横にスライド←→

数値の意味を解説します。

5時間率容量:5時間率電流で放電したとき10.5Vになるまで取り出せる容量(Ah)
参考>>バッテリーの5時間率容量とは?グラフでわかりやすく解説!

RC(リザーブキャパシティ):25Aで放電したとき10.5Vになるまで放電できる時間(分)

CCA(コールドクランキングアンペア): -18℃で30秒間の放電を実施したとき電圧が7.2Vまで下がる電流(A)

性能ランクの計算式:性能ランク計算式

JIS規格バッテリーの場合、「5時間率容量」と「性能ランク」は公表されていますが、性能ランクを算出するためのRCとCCAは公表されていないことが多いです。

特にCCAは始動性能を表す重要な数値です。推測値のCCAとRCは次の方法で算出しました。

RCは容量なので、5時間率容量との相関関係があります。これはJIS規格で公表されている値を参考に変換係数を決めて算出しました。結果は以下のグラフでおおよその相関関係がわかります。

5HR→RC変換係数グラフ
RCが決まれば、性能ランク計算式から必然的にCCAの値も決まります。

以上、各性能ランクで推測される容量とCCAを計算しました。表を再掲します。

バッテリー名性能ランク5時間率容量
[Ah]
推定RC
[分]
推定CCA
[A]
Panasonic caos blue battery
80B24L
804677650
ATLASBX Dynamic Power
60B24L
603657500
BOSCH PSバッテリー
55B24L
553657420(推定)
430(公表)

※スマホは表を横にスライド←→

性能ランク「50」はCCA500で「55」はCCA420~430であり、CCA値の差は小さめでした。

一方、性能ランク「80」はCCA650でCCA値に大きな差が確認できました。

CCAが高ければ、寒い時期でもエンジン始動がしやすくバッテリー上がりしにくくなります。

容量が大きければ、放置可能な期間が伸び、多少劣化して容量が減っても使える状態が持続して寿命が長くなります。

これらのメリットがあるため性能ランクの高い「80B24L」を選ぶことをオススメします。

Panasonic製 80B24L カオスバッテリーがおすすめ


Panasonic製の80B24Lカオスバッテリーがおすすめです。

なぜなら、先頭の数字の「性能ランク」が高いからです。

性能ランクはバッテリーの重要性能である「容量」と「始動性能」を表します。
このどちらも高いカオスバッテリーを選んでおけば間違いありません。

性能ランクが少し高いBOSCHの55B24Lよりも価格が2,000円程度上がりますが、2,000円の差で約1.5倍(55が80にup)の性能が買えると考えれば高くはありません。

B24Lの購入をご検討中の方は以下のリンクから80B24Lカオスバッテリーの詳細を確認してください。

B24Lバッテリーの容量比較結果1位は「カオス80B24L」

調査の結果、性能ランク「80」が最高値でした。

この性能ランクにおいて5時間率容量も「46Ah」であるパナソニックのカオスバッテリーが容量トップです。

他のバッテリーとの比較結果は以下のとおりです。

バッテリー名性能ランク5時間率容量
[Ah]
推定RC
[分]
推定CCA
[A]
Panasonic caos blue battery
80B24L
804677650
ATLASBX Dynamic Power
60B24L
603657500
BOSCH PSバッテリー
55B24L
553657420(推定)
430(公表)

※スマホは表を横にスライド←→

容量で選ぶならカオスバッテリーです。

以下のリンクから詳細を確認してみてください。

B24LバッテリーのCCA比較結果1位は「カオス80B24L」

CCAは性能ランクと容量から逆算した推定値ですが、推定CCAで「650A」となったパナソニックのカオスバッテリーがCCAトップです。

他のバッテリーとの比較結果は以下のとおりです。

バッテリー名性能ランク5時間率容量
[Ah]
推定RC
[分]
推定CCA
[A]
Panasonic caos blue battery
80B24L
804677650
ATLASBX Dynamic Power
60B24L
603657500
BOSCH PSバッテリー
55B24L
553657420(推定)
430(公表)

※スマホは表を横にスライド←→

CCAで選んでもカオスバッテリーがオススメです。

以下のリンクから詳細を確認してみてください。

B24Lバッテリーの価格帯は6,000円~10,000円

同じB24Lといっても販売されているバッテリー種類はたくさんあります。

今回は3つのバッテリーの価格を比較しました。

バッテリー名性能ランク価格帯[円]
Panasonic caos blue battery
80B24L
8010,000円前後
ATLASBX Dynamic Power
60B24L
606,000円前後
BOSCH PSバッテリー
55B24L
558,000円前後

性能は抜群ですが、ちょっと価格はお高めなのがカオスバッテリー80B24Lです。

ATLASBXはかなりお買い得な価格になっていますが、品質面で否定的な口コミも多いです。そのため購入してハズレを引いてしまうとかなり後悔してしまうことが予想されます。
>>ATLASBXの口コミ・レビュー

BOSCHのPSバッテリーはカオスより安いですが、性能面の数値がガクっと下がるので、そこを許容するかどうかです。

バッテリーはそう頻繁に買い換えるものではないので、性能を重視した上でコスパのバランスをみたいところです。

そう考えると多少値がはっても性能がダントツによいカオスバッテリーがベストな選択ではないでしょうか。

以下のリンクから詳細を確認してみてください。

B24Lバッテリーからのサイズアップは?

「B24Lバッテリーからサイズアップしてもっと容量の大きいバッテリーにしたい」とお考えの方は

  • D23L

が候補になりますが、D23Lは長さは1cmだけB24Lよりも短くなりますが、幅は4cm程度長くなります。

  • 搭載場所に余裕があるかの確認
  • 固定用ステーの交換

がサイズアップのハードルになると考えられます。

これらの対応が可能であればサイズアップが可能です。

サイズアップのメリットやデメリットについては以下の記事をご参考ください。
>>【メリット5つ】バッテリーのサイズアップ【デメリット2つ】

D23Lにもカオスバッテリーがあります。

サイズアップを検討中の方は以下から詳細を確認してみてください。

補足情報:B24LとB24Rの違いは端子位置のみ

既にわかっている方も多いとは思いますが、LとRは端子位置の違いです。(※画像はB19での例)

JIS規格バッテリーの型式例とLR端子位置
車によって「L」が適合しているものと「R」が適合しているものがあります。

自分の車がどちらに適合しているのかはしっかり確認して購入しましょう。

「R」に適合している場合のオススメはPanasonic製の80B24Rカオスバッテリーです。

まとめ

55B24Lや80B24Lなどの数字の違いは何を意味しているのか解説しました。

記事内容をまとめます。

  • 55B24Lの「55」は性能ランクを表す
  • 性能ランクは「容量:RC」と「低温始動性能:CCA」で計算される
  • 55B24Lと80B24Lは性能が異なるだけでサイズ・形状はまったく同じ
  • 性能ランクが高く「容量」「CCA」が高い80B24Lカオスバッテリーがおすすめ

型式・型番について理解が深まりましたでしょうか。

こういった知識がつけば、バッテリー交換するときに間違わずにバッテリーを選ぶことができます。性能や価格を考慮して選ぶこともできます。

この記事は「B24L」についてでしたが、他のサイズについても基本的な考え方は同じです。

正しい知識を身につけて、バッテリーでの困りごとなくカーライフを満喫できるといいですね。

カオスバッテリーをおすすめする3つの理由
アイキャッチ_カオスバッテリーおすすめ理由3つ

ユーザー人気No.1のカオスバッテリー!
そのスゴさの理由をお教えします!

おすすめの記事