\ ポイント最大3%アップ! /

軽自動車用バッテリーのサイズ紹介!容量(Ah)比較も!

当ページのリンクには広告が含まれています。

軽自動車バッテリーのサイズってなに?容量は何Ahなんだろう?

軽自動車用のバッテリーの各社の容量比較が知りたいな。

えんじろう

こんな疑問にお答えします。

この記事では以下について解説します。

  • 軽自動車用バッテリーのサイズと容量について
  • 軽自動車用バッテリーの容量(Ah)比較

カンタンに結論をまとめると、

軽自動車はアイドリングストップ車と標準車でサイズの型式が異なります。
容量は28~36Ah。容量は電池メーカー・ブランドによって異なるので、容量比較結果をこのあと紹介します。

おすすめのバッテリーや型式、互換についての詳細を知りたい方は以下の記事をチェックしてみてください。

軽自動車用サイズと容量、比較結果の詳しい解説は記事を読み進めてみてください。

目次

軽自動車用バッテリーのサイズと容量(アイドリングストップ車)

軽自動車の中で、アイドリングストップを採用している車種は専用バッテリーが使われます。

専用バッテリーが必要な理由は、アイドリングストップはバッテリーにとって厳しい使い方なので、強化されたバッテリーが必要だからです。

軽自動車に使用されるバッテリー型式は次の4種類。

  • M-42
  • M-42R
  • K-42
  • K-42R

※性能ランクの大きいM-65等のバッテリーもありますが、形状寸法サイズはM-42と同一のため含んでいません。
参考記事:M-42に対するM-65, M-55の違いを解説

これらのバッテリーの基本的な容量は以下のとおり。

型式5時間率容量 (Ah)
M-42、M-42R34Ah
K-42、K-42R30Ah
※表記の容量はGSユアサ ECO.R Revolutionを参考にしています。

メーカーによって容量には差があるため、比較結果は記事の後半に説明します。

これらのアイドリングストップ車用バッテリーのおすすめや、型式、互換についての詳細を知りたい方は以下の記事をチェックしてみてください。

軽自動車用バッテリーのサイズと容量(ハイブリッド車)

軽自動車にもハイブリッド車のタイプがあります。ハイブリッド車として販売されている軽自動車は以下の5車種。

  1. スズキ ワゴンR
  2. スズキ スペーシア
  3. スズキ ハスラー
  4. 三菱 eKスペース
  5. 日産 デイズ

これらの車両に搭載されているバッテリーはアイドリングストップ車にも使用されるK-42とK-42R

K-42とK-42Rバッテリーのおすすめや型式、互換についての詳細を知りたい方は以下の記事をチェックしてみてください。

軽自動車用バッテリーのサイズと容量(標準車)

アイドリングストップ機能のないガソリンエンジン車はJIS規格型式の標準車用バッテリーを搭載しています。

標準車はクルマの使用中は常に充電になり、それほど過酷な使い方となりません。そのためアイドリングストップ車専用バッテリーのような強化が必要ありません。

軽自動車に使用されるバッテリーサイズ型式は以下のようなものがあります。

  • 38B19L
  • 38B19R
  • 44B19L
  • 44B19R

38B19Lの「38」部分は性能ランクであり、この部分は様々な数字のタイプがあります。なので、記載した「38」「44」だけでなく、多くの種類のB19L、B19Rが存在します。
B19L、B19Rの部分が同じであればサイズとしては一緒です。
参考記事:【解決】40B19Lと44B19Lの違いを解説!数字の意味がわかる!

これらのバッテリーの基本的な容量は以下のとおり。

型式5時間率容量 (Ah)
38B19L、38B19R28Ah
44B19L、44B19R32Ah
※表記の容量いくつかのバッテリーを参考に記載しています。必ずこの数字となるわけではありません。

B19LとB19Rのおすすめバッテリーや型式、互換についての詳細を知りたい方は以下の記事をチェックしてみてください。

軽自動車用バッテリーの容量(Ah)比較

軽自動車用バッテリーで使用される主な型式について、人気のある主なブランドのバッテリー容量を比較しました。

M-42とM-42Rの容量比較

ネットで人気のある「Panasonic カオス」「BOSCH ハイテックプレミアム」、国内最大手の「GSユアサ ECO.R Revolution」の容量(Ah)を比較しました。

バッテリー5時間率容量 (Ah)

Panasonic カオス M-65
Panasonic カオス M-65R
36Ah


BOSCH ハイテックプレミアム M-42
BOSHC ハイテックプレミアム M-42R
34Ah

GSユアサ ECO.R Revolution M-42
GSユアサ ECO.R Revolution M-42R
34Ah

※M-42とM-65は形状寸法のサイズは一緒のため同じ土俵での比較としています。

トップはPanasonic カオス M-65 / M-65Rの36Ahでした。

これらのバッテリーが気になった方は以下のリンクからチェックしてみてください。

これらのバッテリーの詳細記事も用意しているのでもっと詳しく知りたい方はチェックしてみてください。

K-42とK-42Rの容量比較

ネットで人気のある「BOSCHハイテックプレミアム」、国内最大手の「GSユアサ ECO.R Revolution」、低コストが魅力の「AQUA DREAM」の容量(Ah)を比較しました。

バッテリー5時間率容量 (Ah)

BOSCH ハイテックプレミアム K-42
BOSHC ハイテックプレミアム K-42R
30Ah


GSユアサ ECO.R Revolution K-42
GSユアサ ECO.R Revolution K-42R
30Ah

AQUA DREAM K-50
AQUA DREAM K-50R
28Ah

※K-42とK-50は形状寸法のサイズは一緒のため同じ土俵での比較としています。

トップはBOSCHとGSユアサのK-42 / K-42Rの30Ahでした。

これらのバッテリーが気になった方は以下のリンクからチェックしてみてください。

これらのバッテリーの詳細記事も用意しているので興味のある方はチェックしてみてください。

B19LとB19Rの容量比較

Panasonicカオス」、「古河電池エレガナ」、「GSユアサBVシリーズ」の容量(Ah)を比較しました。

バッテリー5時間率容量 (Ah)

Panasonic カオス 60B19L
Panasonic カオス 60B19R
36Ah


古河電池 エレガナ 40B19L
古河電池 エレガナ 40B19R
28Ah

GSユアサ BVシリーズ 40B19L
GSユアサ BVシリーズ 40B19R
28Ah

トップはPanasonic カオス 60B19L / 60B19Rの36Ahでした。

これらのバッテリーが気になった方は以下のリンクからチェックしてみてください。

B19LとB19Rのおすすめバッテリーや型式、互換についての詳細を知りたい方は以下の記事をチェックしてみてください。

まとめ

この記事では以下について解説しました。

  • 軽自動車用バッテリーのサイズと容量について
  • 軽自動車用バッテリーの容量(Ah)比較
えんじろう

カンタンにまとめると以下となります。

  • 軽自動車はアイドリングストップ車と標準車でサイズの型式が異なる。
  • M-42、M-42Rの容量は34~36Ah。
  • K-42、K-42Rの容量は28~30Ah
  • B19L、B19Rの容量は28~36Ah
  • 各電池メーカー・ブランドによって容量の値は異なる。
  • 容量が大きいのはM-42系ならPanasonicカオス、K-42系ならBOSCHハイテックプレミアムまたはGSユアサECO.R Revolution

軽自動車用に適合するバッテリーのおすすめは以下の記事にまとめています。興味のある方はチェックしてみてください。

アイドリングストップ車用
標準車用

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアお願いします
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

カオスバッテリーは何がスゴイのか?

目次