ヤリスクロスのバッテリー交換!損せずおトクな費用で適合サイズに交換!

ヤリスクロスに乗っているけどそろそろバッテリー交換が必要だなあ

バッテリー交換費用ってどのくらいかな?おトクに交換したいなあ

間違わずに適合するバッテリーサイズを選べるかなあ?

わたしは自分の車で30,000円以上おトクにバッテリー交換ができました。

わたしが乗っているのはヤリスクロスではないので30,000円は参考値ですが、ヤリスクロスでもおトクにバッテリーを交換することが可能です。

この記事の内容は以下のとおり。

  • ヤリスクロスのバッテリー適合サイズの選び方
  • ヤリスクロスのおすすめ適合バッテリーの紹介
  • バッテリー交換費用を安くする方法
  • カーバッテリーの交換方法

さっそく結論ですが、インターネット(Amazon, 楽天, Yahooショッピング)でバッテリーを購入して自分で交換が最安です。

ヤリスクロスの車両型式に合わせて以下のおすすめバッテリーを選べばOK。

LN0が適合する場合

LN0のことをもっとよく知りたい方は以下の記事もチェックしてみてください。

LN1が適合する場合

LN1のことをもっとよく知りたい方は以下の記事もチェックしてみてください。

ヤリスクロスのバッテリー交換について、詳しく知りたい方は記事を読み進めてみてください。

目次

バッテリー交換の前に車両型式をチェック

適合バッテリーを選定するために自分の車の型式を確認しておきましょう。

車検証の型式年式を確認します。車検証の以下の部分に記載されています。

車検証の年式と型式の記載場所

ヤリスクロスの適合バッテリー型式一覧

ヤリスのバッテリー型式一覧表は以下のとおり。

スクロールできます
車両型式適合バッテリー
標準搭載
適合バッテリー
寒冷地仕様
排気量車両種類
5BA-MXPB10LN0LN11500ccガソリン
5BA-MXPB15LN0LN11500ccガソリン
6AA-MXPJ10LN0LN01500ccHV
6AA-MXPJ15LN0LN01500ccHV

ガソリン車、ハイブリッド車に適合「LN0」のおすすめ

LN0のおすすめバッテリーはBOSCHのPS-Iバッテリーです。以下のリンクからチェックしてみてください。

おすすめの理由や互換、型式の見方などLN0のことをもっとよく知りたい方は以下の記事もチェックしてみてください。

ガソリン車の寒冷地仕様に適合「LN1」のおすすめ

LN1が適合する場合のおすすめ

おすすめの理由や互換、型式の見方などLN1のことをもっとよく知りたい方は以下の記事もチェックしてみてください。

バッテリー交換費用を安くするおトクな方法とは

結論から言うと「インターネット通販でバッテリーを購入して自分で交換する」です。

「なんだたいした話じゃないじゃないか」と思うかもしれませんがこの効果についてきちんと知っている人は少ないと思います。

わたしの体験談でお話します。

バッテリー交換費用をおさえられた体験談

購入から5年目の車検のときのことです。

ディーラーで車検見積もりしたところ、バッテリー交換費用55,000の文字が!

ディーラーの整備士に「テスターでもう要交換が出てますよ」と言われました。

わたしはテスターの精度が悪いことを知っていましたし、バッテリーはネット購入がお得だと知っていました。

ディーラーでの交換を拒否して「交換は要りません」と断言。

帰宅して同じ型、メーカーのバッテリーを探してみたところ値段は22,000円」で、他のメーカーでは17,000~18,000円」程度でした。

55,000円 - 2,2000円 = 33,000円

差額30,000円以上ですよ!30,000円以上!

結局、車検では交換せず、後日寿命になりそうな頃(この車検から1年以上もちました)を見計らってネット通販で適合サイズのバッテリーを購入して交換しました。

正直めちゃくちゃ得した気分でしたね!

このとおりネット通販でバッテリー購入して自分で交換すると費用が断然安くなるのでオススメです!

以下のリンクからあなたの愛車に適合するバッテリーをチェックしてみてください。

カーバッテリー交換の方法

バッテリー交換方法については以下の動画が参考になります。

バッテリー交換に必要な工具

バッテリー交換には10mmまたは12mmのスパナ・レンチが最低限必要になります。
以下のようなショート防止のレンチがあると安心して作業できます。

また、以下のような滑り止め付きの作業用手袋を使用するとバッテリを持ち上げるときに滑りにくくなるため便利です。

バッテリー交換の工具については以下の記事で解説しているので参考にしてみてください。

メモリーバックアップはどうするか

バッテリー交換の際はメモリーバックアップが必要と聞いたことがある方も多いのではないかと思います。

メモリーバックアップは必要とも不要とも言えます。詳しくは以下の記事で解説していますので参考にしてみてください。

メモリーバックアップが必要な場合には以下の商品が使い勝手がよくて価格も手頃です。気になる方はチェックしてみてください。

バッテリー廃棄はどうするか

実店舗の場合でも引き取ってもらえる可能性が高いので、店員に引き取り可能か聞いてみるとよいでしょう。

不安な場合や断られるのが面倒な場合は、廃バッテリー回収サービスを実施しているネットストアでバッテリーを購入するのがおすすめです。

いくつかのバッテリー販売ショップでは以下のような廃バッテリー回収サービスを実施しています。

ヤリスクロスのバッテリー交換・費用まとめ

ヤリスクロスの車両型式に合わせて以下のバッテリーを選べばOKです。

LN0が適合する場合

LN0のことをもっとよく知りたい方は以下の記事もチェックしてみてください。

LN1が適合する場合

LN1のことをもっとよく知りたい方は以下の記事もチェックしてみてください。

インターネットでバッテリーを購入して、DIYでバッテリーを交換できればバッテリー交換費用を安くできます。

3~4年で交換となる消耗品のバッテリー交換コストがおさえられれば家計にうれしいですよね。

ぜひ自力でのバッテリー交換にチャレンジしてみてください。

車種、車両型式、年式が同じ場合でも、特殊仕様車やマイナーチェンジ、オプション設定などによりバッテリーが異なる場合があります。
バッテリーご購入の際には、実際に搭載されているバッテリー型式を必ずご確認ください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアお願いします
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
アイキャッチ_カオスバッテリーおすすめ理由3つ

カオスバッテリーのスゴさの理由教えます

目次